クリスマス・キャロル

​~スクルージと3人の影の幽霊~

影絵、演技、歌、そしてバイオリンによる音楽の総合劇!

 

ミュージシャン、ハッチハッチェルとの共演による本作。

チャールズ・ディケンズの名作「クリスマス・キャロル」を、影絵と歌と演技、そしてバイオリン生演奏のコラボレーションによって、総合音楽劇としてお届けします。迫力ある生演奏と、色鮮やかな影絵による、これまでにない新しいステージを、ぜひご覧ください。

ストーリー

ロンドンで金貸し業を営んでいる初老の男・スクルージは、強欲で町じゅうの嫌われ者だった。ある年のクリスマスイブ、いつものように家で一人ぼっちで過ごしていると、突然、7年前に死んだ友人のマーレイが幽霊となって現れる。恐怖でおびえるスクルージに、マーレイは警告する。これから真夜中にかけて、三人の幽霊たちが、スクルージのもとを訪れると―。

作品情報

原作       チャールズ ディケンズ
脚本       ダニエル ウィッシーズ
演出・影絵美術  矢内 世里
音楽       ハッチハッチェル

音響       高塩 顕
出演       ハッチハッチェル、望ノ社

上演時間     60分
対象年齢     4歳以上~大人

ハッチハッチェル

hatch2.jpeg

“人生を楽しく生きる一流の男"として、ハッチ・ハッチェル・ビア・オールスターズ、ハッチ・ハッチェル・バンド、ハッチェル特急楽団、などで活動。

豪快な笑顔とよく通る声で、周りを陽気な空気に変え、心震わすメロディと歌で会場を沸かせてくれる。

2021年3月まで、NHK- Eテレ『ムジカ・ピッコリーノ』にレギュラー出演。

 

愉快でハッピーな極上エンターテイナー。